« あの人は今 | メイン | シリア問題 »

側弯症

そくわん症という病気が増えてきてるみたいです。
痩せてる子供に多いとか。
側わん変形は「ねじれ」、つまり脊椎が曲がった方向に回旋するのが特徴です。
そのため一方の肋骨が後ろにとびだし、前屈すると高さの左右差を生じます。

人によっては、「ワンピースを着た時に左右の丈が違う」
「前胸部の肋骨が少しでっぱっている」
などといったことに気づく場合があります。
また、あとでよく話を聞いてみると、痛みを訴える場合もあるようです。

けれども、たいていのこどもは、検診によって脊柱の異常を初めて知るようですね。

ではどうしたらいいのか。
ストレッチがいいようです。

背骨が曲がってる場合一般的には、整形外科などの医院などで診察してもらうと、側弯症と診断されることが多いです。

で、「悪くならないようにコルセットをしましょう。それでも、ダメなら手術をしましょう。」と言われる事がありますね。
コルセットって、日常生活で、装着したまま過ごすのって、すごく大変ですよね。
特に若い方は、見た目的な問題もありますし、嫌がるんじゃないでしょうか?

そうならないために、早期解決ですね。
鏡見てみましょう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.fanfilmxchange.com/mt3/mt-tb.cgi/47

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2017年07月01日 05:56に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「あの人は今」です。

次の投稿は「シリア問題」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38